ビジネス英語のクッションフレーズ

日本語には関係性を表す独特の表現があります。それは、敬語・謙譲語・丁寧語に代表されるもので、よく英語にはこれらがなく、上下関係が非常にフランクだと思われることがありそれは正しくもありますが、気をつけなくてはならないのは、日常会話とビジネスの会話は異なるのだということです。至極当然のことですが、ビジネスにはビジネスのマナーが存在するのです。

固く考えることではなく、例えば日本でも「お世話になります」「以上、ご確認ください。」など、仕事で多用する不レーズがありますよね?同じようにビジネス英語でもそういうものがあるのだということです。

代表的なものをいくつかピックアップしましょう。

 

We are pleased to~

This is to~

これらにinformなどを用いて、「お知らせします」などという意味になります。

 

with all due respect.

これは日本語でいうところの「お言葉を返すようですが」というフレーズに該当します。

丁寧に反論する場合に使用します。

 

Take some time to~

日本のメールでは「誠にお手数をおかけいたしますが~」この表現を多用します。

似たような表現を使用したいと思ったらこのフレーズを使用しましょう。

いくばくかの時間を取らせてしまいますが、といった意味合いでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *