プレゼンテーション

日本と欧米で一番違う文化のひとつとしてディベート教育が挙げられることがあります。

プレゼンテーションに苦手意識を持つ人は多いようです。

英語でのプレゼンテーションは、初めてであればだいぶプレッシャーも強くのしかかることでしょう。ただし全てを言葉で伝えなければならないわけではなく、プレゼン資料にもあなたのフレーズを伝える役割を助けてもらうことができます。

プレゼンテーションで重要なのは、印象強く伝えることになります。

・Am I clear now?
・Let me move on to my next point.
・Please take a look at this chart.
・Thank you for your listening.
・That’s all I have today.

これらの表現は、プレゼンでは定形文句として常用されます。

ひとつひとつ、あなたの提案に対して理解を深めてもらう作業になるのですから、

聞きやすい言葉、印象深い言葉を選ぶようにしましょう。

なにも流暢で、複雑な英語力を持たなければならないわけではありません。

孫正義さんの英語スピーチはよく、シンプルでわかりやすいと評価されています。

彼も特別専門的な語彙を用いているわけではないのです。

人にメッセージを伝える核心を捉えているからこそ、平易な語彙力でもじゅうぶんに魅力的なプレゼンテーションをおこなうことができるようになるのです。

 

英語の勉強法で確実に上達する人としない人9つの違い

 

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *