来客者への対応

オフィスに取引先や求職者が訪ねてきたら。お客様を迎えることも会社のイメージを損なわないために失敗は許されません。電話と違うのは、面と向かったコミュニケーションであるため、多少の表現の間違いやフレーズ語彙の乏しさは視覚的なコミュニケーションでカバーすることができます。

お客様に対してポジティブな印象で出迎えてあげることが重要です。

 

海外のビジネスでは、本題の前に雑談をすることが多いようです。

お客様がいらっしゃったときには、場が和む話題を用意できるとよいでしょう。

もしあなたが日本人だということがメリットになるのであれば、日本人だから話せることを伝えてあげると良いのではないでしょうか。もし相手が日本にはじめて来訪されているなら尚更のことです。

 

お出迎えにも様々な状況が想定されます。

あなたが直接商談で迎えるのかもしれませんし、誰かを呼ばなければならないかもしれません。代表的な表現からいくつかを紹介します。

 

Mr.Suzuki is expecting you. 「鈴木がお待ちしております。」

社内の担当者の名前を伝え迎えましょう。

 

Thank you for coming. 「お越しいただきありがとうございます」

 

Please follow me. 「こちらへどうぞ」

 

どうでしょう?実際に対応している場面がイメージできましたでしょうか?

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *