電話対応

あなたが電話の対応をもとめられたら非常に重要な機会です。

相手のイントネーションは様々で聞き取りにくい場合もほとんど。

音声だけで相手の雰囲気も察しにくい電話の会話は非常に難しいうえに重要な局面となります。

よくわからないまま取次をしてしまうことはさけなければなりません。

相手の会話が早い場合は遠慮せずに「Would you please to speak slowly?」とお願いしましょう。また、聞き取りをした後も「May I make sure your point?」と用件の確認をおこないましょう。

 

thank you for calling 「お世話になっております」

how can I help you? 「どのようなご用件でしょうか?」

could I have your name? 「お名前をいただけますか?」

Mr tanaka is busy right now. 「田中はいま別の電話にでています」

This is he 「私です」

 

このあたりの表現は電話でもよく使用するでしょうね。

また、受けるだけではなくこちらから掛けることもあるでしょう。

 

This is Ichiro Suzui of ABC. 「ABC社の鈴木一郎と申します」

May I talk to Mr.Susuki 「鈴木さんいらっしゃいますか?」

Do you have just a minute? 「いまお時間少々よろしいですか?」

 

あなたの職場がビジネスらしくあればあるほど、日々の均一なコミュニケーションが求められ、表現の差も多くはないでしょう。ただしその分慎重に正確に対応せねばなりません。

電話は非常に難しいが、その分定型的な表現で多くの用件の対応が可能であるため是非とりくんでほしい内容です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *